雑記

新元号は『令和』に!新時代は5月1日からスタート

投稿日:

2019年4月1日午前11時40分、ついに平成に代わる新元号が発表されました。

新時代の名は『令和』

直前まで各方面で予想合戦が行われ、盛り上がりを見せていた新元号がついに発表されました。

もりっちとしては、予想は無意味なのでしていませんが、意外な2文字だなという印象です。

画数の少ない、過去の元号とイニシャルがかぶらない2文字であろうことは予想されていましたね。

そんな中の『令和』

いや、昭和の和とかぶってるやーん!

が第一印象でした。皆さんはどうでした?予想は的中しましたか?

さて、『令和』の前に平成について思うことを書きたい!

平和、平ら、平均など穏やかな印象の「平」と

成長、成功、成り上がりを感じさせる「成」の2文字

31年の平成の間には技術、化学が発展し、日本は戦争のない時代となりました。

その反面、平成時代はずーっと、常に不景気だった印象があります。

デフレが日々進行し、労働環境は向上せず。若者の○○離れは報酬不足に起因している気がします。

ただ、グローバル化・情報化が劇的に進み、世界中の人の情報が瞬く間に広がる感覚は、地球が狭くなったような錯覚に陥ります。

そんな平成も終わりを告げ、新時代が始まります。

「令」という字は命令、法令など厳格ながら冷たい印象でしょうか。

「和」からは平和、和やか、和の心を感じる一文字ですよね。

もりっちとしては、世界中にある目には見えない壁がなくなり、争いのない時代になることを願います。

そのうえで、経済や技術がよりいっそう進歩して、みんな儲かったらいいですね。

さてそんな新時代『令和』は2019年5月1日から始まります。

ちなみに、令の下はマでもOKだそうですよ。

いざ行こう、新時代へ!

-雑記

Copyright© もりっちいずむ【もりずむ】 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.