雑記

大阪北部地震でコミュニケーションの持つ力を感じた【がんばろう!大阪】

更新日:

6月18日午前7時58分、大阪府北部を震源とする地震が観測されました。

最大震度6弱マグニチュード6.1を観測し、関西を中心に大きな混乱をもたらしました。

死傷者が多数出ており、続く余震にも警戒が必要な状況です。

被災された方々にはお見舞い申し上げるとともに、早期の復旧を心より願っています。

そういうもりっちも震度6弱の揺れで被災し、家具や家電が壊れ、揺れが収まった後に散らばったガラス片で軽傷を負ってしまいました。

数日経ち片付けが終わり、街はいつも通りの日常へ戻りつつあります。

ですが、未だにガスが止まっている状態です。

いつか来ると言われていても、東日本や熊本の様子を報道で見ていながらも、心のどこかで自分は大丈夫なんて気持ちがあり、今になって反省しています。

地震発生の瞬間には、なんの抵抗もできず。ただ倒れる家具や割れるお皿を横目に、静まるのを怯えながら待つことしかできませんでした。

今なおその瞬間を思い出してしまいます。

揺れそのものよりも、建物や家具のきしむ音や、そこら中からする警報の音を思い出してしまいます。

今回の地震を経験して感じたのは、コミュニケーションで得られる安心感に救われたなということです。

当日たまたま休日で、起床前でした。何者かに家ごと揺さぶられるような激しい揺れと、只事ではない音にとてつもない恐怖を感じました。

一人だったので、続く余震のことや避難のこと、何から考えて行動するべきか整理のつかない状況でした。

そんな中、直後に家族から、しばらくして遠方の親戚や職場の同僚から連絡があり

「大丈夫か?」

「ぼちぼちな」

ただそれだけなんだけど、聞き慣れた声を聞いてほっとして、安心して、元気をもらい、冷静になることができました。

仕事でもなんでも、ほんの少しのコミュニケーション状況を大きく変えることは多々あります。今回はそんな人と人との絆を身をもって体験した気がします。

数日して、自衛隊の皆さんが入浴支援に来て下さったり、近隣の多くの団体や施設が支援の手を差し伸べて下さっています。災害ボランティアとして活動して下さってる方もたくさんおられます。

本当に感謝の気持ちでいっぱいです。

まだまだ人は自然の猛威に抵抗することができません。ですが人は協力し支え合い、ともに乗り越えることが出来ます。

ネットが生活の中心となり、人間関係が希薄になったと言われる昨今ですが、まだまだ世の中捨てたもんじゃないですよ。

地震に限らず災害は避けられません、都市機能だけでなく、人々の心にも大きなダメージを与えます。

ですが、我々には乗り越える力があります。絶対に負けません。

今あらためて、掲げましょう。

がんばろう、日本!

私自身も被災した身ではありますが、誰もが安心して暮らせる日常が来るのを心より祈っています。

-雑記

Copyright© もりっちいずむ【もりずむ】 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.